大学生がモテるために何をすべきか~見た目の改善~

モテ

まず、始めないといけないのは見た目の改善です。
ナンパ界隈ではこの見た目を良くすることをスト値上げといいます。
名前の由来はストリートでの見た目の基準値から来たものだと思います。

なぜ見た目の改善が最優先なのか?

多くの男性がこの見た目の改善を疎かにしています。また、小手先のテクニックばかりの恋愛本に走っている方も多いと思います。その多くは読むだけで満足してしまっている人で行動的な人が恋愛本の「ここでこのセリフを言えばどんな子も落とせる」みたいな甘いことを実践してみてもうまくいっていっていません。
極端な話、髪がボサボサなレンズの厚い眼鏡をかけている服はダボダボのオタクみたいな人がいたとします。そんな人に頭をポンポンされたり、「何があっても離さないよ」みたいなことを言われたとします。どう思いますか?殺意しか沸かないですよね笑

恋愛においては何を言うかではなく誰が言うかなんです。

多くの人がこんなことをしていないにしてもこれに近い状態におり、女性の最低限の足切りラインにも達していません。さらに女性が生理的に無理だと思っていることに気づいていません。僕も昔、自分は見た目には気を使っているからこんな奴らとは違うんだと思っていました。実際は僕も彼らとなんら変わりありません。多くの人が昔の僕みたいに見た目に気を使っているつもりで全然足りていません。さらには上にあげたようなオタクのひとたちと自分は違うんだと思っていて、自分より下の人間を見つけて優越感に浸ってしまっています。しかし、女性からすると一定の足切りラインを超えてない男性はすべて一緒です。そして、この足切りラインは男性が思っているよりもずっと高いところにあります。この認識の差や努力の方向性の間違いからモテない男が量産されています。

多くの男性が足切りラインを超えていないのでその先に進めていません。

しかし、この足切りラインを超えることは全然難しくありません。ほんのちょっとの正しい方向性の努力だけです。

見た目を改善するとどんないいことが起きるか

見た目を改善すると様々な良いことが起きます。

  1. モテに最も近づける
  2. 人間関係が良くなる
  3. 性格が明るくなる
  4. 第一印象も良くなり就活などにいい影響をもたらす

代表的なものとして挙げられます。

1.モテに最も近づける。
 これが一番の魅力だと思います。モテは立ち振舞や話し方などさまざまな要因によって生み出されるものなので一概に見た目をよくするだけでモテるようになるとは言えませんが最も大きいウエイトを占めているのがこの見た目の改善です。元の素材が良く努力の方向性が完璧ならこれだけでモテるようになる人もいると思います。黙って立っているだけで逆ナンされたり、連絡先を聞かれるくらいにモテます。話してもモテるかはまた別の話です笑 ですがほんとに見た目が好みだった場合は中身が非モテのままであってもホテルへ行けることもあります。

2.人間関係が良くなる
 見た目を改善することはモテるためにすることですが、それ以外にも恩恵をもたらします。見た目が良くなると周囲の反応が良くなる。これは僕が見た目を良くしていく過程で一番感じたことでした。男であってもブサメンと話したくはありません不快になるからです。見た目が良ければ、対応も優しくなりますし、合コンに誘ってくれることだってあるかもしれません。

3.性格が明るくなる
 見た目が良くなることにより、周囲の反応がよくなり周りとのかかわりが増えていきます。楽しいことも今までにないくらい増えるので明るくなっていきます。また、モテるようになったことから自分に自信が持てるようになり、明るくなります。

4.第一印象も良くなり就活などにいい影響をもたらす
 見た目が良くなると第一印象も今までよりもかなり良くなります。第一印象はその後のイメージに関わるので重要です。また、イケメンはフツメンの人と比べると優秀に見えるという実験結果も出ています。このことから就職活動などにもいい影響をもたらします。

上の画像は最近ツイッターで有名になったビフォーアフターです。元の素材もあると思いますが髪型と眉毛を改善しただけでこれほど変わります。こんなイケメンになれたら人生バラ色になると思いませんか?
この方はこの美容室に行くと言う一歩を踏み出したことで人生が変わったと思います。皆さんも人生を変える一歩を踏み出しましょう。

具体的には何をしたらいいか

上で見た目を良くする努力をすると良いことや多くの男性が見た目の努力を怠っていることについて述べて来ました。ではどのように改善すればいいかということになります。変化量が多く、すぐに効果が現れるものとして、3つ挙げられます。

  1. 髪型
  2. 眉毛
  3. 服装

この3つは奥が深いので後日詳しく説明していきたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました